上智大学- 学生の個人情報が海外で流出

上智大学は、学生の氏名や成績などが保存されたパソコンが、海外で盗難被害に遭っていたことを発表した。

同校の説明によると、同校の教員が海外でパソコンが盗難に遭ったため、教員が2000年から2013年に担当した3科目の受講者の氏名や成績などの情報が流出した。
対象ファイルにはパスワードを設定しており、ハードディスクの暗号化のセキュリティ対策もおこなわれていた。