NTTドコモ- docomo IDで不正ログイン被害

NTTドコモは、回線契約者向けに提供する「docomo ID」で、第三者が利用者になりすます「不正ログイン」の被害が発生したことを発表した。

同社の説明によると、特定のIPアドレスから、ログインの試行が行われていることを9月29日に気が付いたもので、9月27日23時半ごろから同月29日20時半ごろにかけて攻撃が行われていた。

今回の不正アクセスによりログインされたIDは、6072件で、顧客の氏名や住所、生年月日、自宅電話番号、携帯電話番号、口座情報、DCMXカードの利用履歴、契約内容などを閲覧された可能性がある。

同社によると、不正ログインに利用されたアカウント情報については、同社以外で入手した「パスワードリスト攻撃」であると説明しており、同社のサーバ経由による外部流出を否定している。