丸八真綿- 従業員が顧客情報を売却

丸八真綿の販売会社である見目丸八真綿は、同社従業員が顧客の個人情報を、第三者に売却していたことを発表した。

同社の説明によれば、同従業員は2012年1月~2014年6月ごろまでの間、顧客情報を数回にわたって第三者に売却していたもので、警察からの連絡で判明した。

流出の可能性があるのは氏名、住所、電話番号、年齢、購入商品名などの購入情報。警察からの連絡では、対象顧客は約100人とされているものの、同従業員は入社以降、取引のあった顧客数は約540人にのぼり、対象となる顧客の特定には至っていない。

同社では流出した情報が悪用され、架空請求や詐欺、関連会社を装った勧誘などが行われるおそれもあると説明している。
同従業員については、事実関係の確認を終え次第、懲戒解雇処分とし、告訴する方針。