横浜市 – 高齢者名簿が盗難

横浜市は、民生委員の自宅が盗難被害に遭い、高齢者52人の個人情報が記載された名簿などが盗まれたことを発表した。

同市の説明では、同市緑区在住の民生委員児童委員の自宅で7月12日に盗難が発生。同委員が管理していた高齢者名簿を入れた鞄などが被害に遭ったもの。

盗難に遭ったのは、一人暮らし高齢者リストと安否確認訪問先の名簿。リストには高齢者20人の氏名、住所、電話番号、年齢、性別、要介護度、居宅介護支援事業者などが記載されていた。また名簿には38人の氏名、住所、電話番号を含まれており、重複分を除くと52人分の個人情報が流出した。