オムロン – 受託事業のデータや無断撮影画像を研究開発に利用

オムロンのグループ会社において、受託事業のデータや許可なく駅で撮影した乗降客などの画像を、研究開発に利用していたことがわかった。

オムロンソーシアルソリューションズが参画した情報通信研究機構(NICT)と文部科学省の研究開発事業で、関係ない別の受託事業の撮影画像や、公共の商業施設において無許可で撮影データを利用していたもの。

 

NICTの受託事業「高度画像監視センサネットワーク技術の研究開発」では、2006年から2010年にかけて、JR東日本の受託事業で撮影した乗降客の映像を無許可で流用していた。

また人の動きを把握する技術の研究開発である文部科学省の補助事業「人物画像解析システムの開発」においては、2012年5月と7月に京都駅ビルで許可なく静止画と動画を撮影。研究開発のほか、学会発表で利用していた。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23