大阪市立大 – 置き引き被害で学生の個人情報を流出

大阪市立大学は、教員が帰宅途中に路上で置き引き被害に遭い、学生の個人情報含むUSBメモリ2個などが盗まれたことを発表した。

同大学の発表によれば、7月8日2時過ぎごろ、工学研究科の准教授が置き引きに遭い、鞄がなくしたもの。

懇親会の終了後の1時30分ごろ、帰宅途中で、一緒に帰宅に向かっていた大学院生の気分が悪くなり、路上で介抱していたところ、その間に鞄を持ち去られたという。

被害に遭った鞄にはノートPCやUSBメモリ3個が入っていたが、そのうち1個のUSBメモリに卒業生111人の氏名、住所、在学時の学籍番号を保存していた。パスワードは設定されていた。

また別の1個には、在校生および卒業生284人の氏名、学籍番号、レポートの提出状況、試験の成績が含まれていた。パスワードなどセキュリティ対策は講じていなかった。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23