筑波銀行 – 手形や小切手の画像データ1万2000件を紛失

筑波銀行は、関城支店において、手形や小切手の画像データ1万2058件が記録されたMOを紛失していたことを発表した。

紛失したディスクは、手形交換所に手形や小切手を持ち込む際に紛失などに備えて画像をバックアップしていたもの。内部ルールで保存期間を10年と定められていた。

同ディスクには、2004年2月23日から2009年5月13日までの間に、交換のため持ち出した手形や小切手の画像データ推定1万2058件が記録されており、顧客の氏名、住所、額面金額などが含まれている。

同行では、誤廃棄した可能性が高いと結論付けている。