北海道教育庁 – 誤送信で学生ボランティアのメールアドレス流出、同様事故過去にも

北海道教育庁においてメール誤送信が発生し、学生ボランティア73人のメールアドレスが流出したことが公表された。

同庁の説明によると、オホーツク教育局の担当者が、「学校サポーター派遣事業」の学生ボランティアバンクに登録している学生ボランティア73人に対し研修会の案内メールを送信した際、担当者の操作ミスにより送信先の全アドレスを表示した状態で送られたもの。

また、今回の誤送信を受けて過去のメールについて確認したところ、2013年度までの間に学生ボランティアに登録した79人についても、同様の誤送信でアドレスを流出した可能性が判明した。