愛媛県立新居浜病院 – 69人分の患者情報を流出

愛媛県の県立新居浜病院は、透析患者と家族ら計69人分の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失していたことを発表した。

 

同病院や県の説明では、同病院の透析室で6月25日、職員がデータの移行作業で私物のUSBメモリを使用。データを消去せずに室外に持ち出した際、紛失した可能性が高いとのこと。

院内では、私物のUSBメモリを業務に使うことは原則禁止となっていたが、同職員は患者らの個人情報が含まれたデータの移行作業に私物のUSBメモリを使っていた。

紛失したUSBメモリには、患者23人の氏名や住所、電話番号、透析記録と、患者の家族ら46人の氏名や住所、電話番号のデータが記録されていた。


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23