神奈川県 – 「救急救命士養成課程」入校予定者の学力テスト結果を誤送信

神奈川県は、安全防災局消防課の職員が、救急救命士養成課程の入校予定者における個人情報を誤送信したことを発表した。   同県の説明では、6月25日9時過ぎに、救急救命士養成課程への入校予定者の学力テスト結果を消防本部にメール送信する際に、メールの誤送信が発生した。本来は、入校予定者の所属する消防本部に送るデータを、誤って同県内にある16の消防本部に送信したもの。 誤送信されたメールには、入校予定者18人の氏名、所属、採点結果、偏差値などが含まれていた。 メールを受信した消防本部からの指摘により誤送信が判明した。