東京都港区 – バスハイク参加児童の個人情報含む名簿を紛失

東京都港区は、児童40人の個人情報を含むバスハイク参加者名簿を紛失したことを発表した。

 

同区の説明では、6月14日に区立高輪児童館の職員らが児童を引率してあきる野市の城山に登ったところ、12時半ごろ山頂付近で参加者名簿の紛失に気付いたもの。名簿は職員がズボンのポケットに入れて携帯していたという。

紛失したのは、バスハイク「あきる野自然探検隊」の参加者名簿で、参加児童40人の氏名、電話番号、年齢、小学校名、学年、性別、帰宅方法などが記載されていた。