東京女子医科大 – 患者情報保存したUSBメモリが所在不明

東京女子医科大学東医療センターは、123人分の患者情報を保存していたUSBメモリが所在不明となっていることを発表した。

同センターによると、USBメモリには、2009年から2012年までに同センターへ入院した患者の氏名やID、検査データなど103人分のほか、2007年から2012年までの患者20人に関する氏名、ID、病名などが記載されていた。

紛失は、5月19日に判明したもので、個人情報の不正利用などは確認されていないとのこと。