国土交通省 – 個人情報含むICレコーダーを紛失

国土交通省は、職員が、個人情報が保存されたICレコーダーを帰宅途中に紛失していたことを発表した。

 

同省の説明によると、6月5日21時30分ごろ、関東地方整備局の職員が帰宅の途上で鞄ごと紛失したもの。紛失したICレコーダーには、建築士法に基づき実施した聴聞の音声データ最大4件と、最大8件の個人情報が含まれていた。