大阪市鶴見区役所 - 書類誤交付で個人情報が流出

大阪市鶴見区役所は、書類誤送付により個人情報が流出したことを発表した。

同区役所によると、申請者に国民健康保険料分割納付誓約書と国民健康保険料決定通知書を交付した際に、番号札にて請求者を呼んだところ、別人が窓口に来たが本人確認を行わずに書類を交付したことにより個人情報が流出したもの。

別の担当者が当該別人を呼び出したが応答がなかったため確認したところ誤交付が発覚した。