【緊急】 Flash Player – 更新アラート装いマルウェア感染狙う不正広告が拡散

マイクロアドが提供する広告ネットワークで、「Adobe Flash Player」のアップデートに見せかけて、マルウェアへ感染させようとする不正広告が配信されており、動画サイト「ニコニコ動画」でも掲載された。

今回明らかとなった不正な広告は、マイクロアドの広告ネットワークである「MicroAd AdFunnel」を通じて配信されたもの。マイクロアドの提携先である米Yahoo!運営の「Yahoo! AdExchange」における日本向け広告として配信されたものだった。

問題の広告を表示すると、埋め込まれたスクリプトにより「このページは表示できません」などと偽の警告画面を表示。サイトの閲覧に最新の「Adobe Flash Player」が必要であるなどと騙し、偽サイトに誘導する仕組みとなっている。

誘導先のサイトは、「Adobe Flash Player」を提供するAdobe Systemsの正規サイトに酷似した悪質な偽サイトで、アップデートと信じ込ませてマルウェアをインストールさせる手口。

問題の広告は、6月19日0時ごろより配信されたと見られており、マイクロアドでは6月19日10時ごろに「Yahoo! AdExchange」からの広告配信を停止している。