大阪府立大工業高専 – 学生や卒業生の個人情報が流出

大阪府立大学工業高等専門学校は、教員が研究室で使用する外付けハードディスクが盗難に遭い、学生の個人情報が流出したことを発表した。

同校の説明によると、教員が6月6日15時ごろ、研究室のパソコンへハードディスクを接続した状態で部屋を離れ、17時30分ごろ研究室に戻ったところ、ハードディスクがなくなっていることに気付いた。パソコンの画面上には、ハードディスクを不適切に接続解除したことを示す警告画面が残っていた。

盗まれたハードディスクには、同教員が1999年以降に担当した科目に関する学生の氏名と成績のべ4835人分のほか、2008年度および2011~2014年度の同校在学生のべ4028人分の氏名と集合写真、同教員が担当した体験入学への参加者のべ211人の氏名と住所、同教員と交流のある学外の研究者のべ476人の氏名と住所など合計9550件の個人情報が保存されていた。