山陰合同銀行 – 147店舗で顧客情報7317件を紛失

山陰合同銀行は、147店舗において、あわせて7317人分の顧客情報含む書類を紛失していたことを発表した。

同行が全店において保管状況の調査を実施したところ、代理店を含む147店舗において、「財産形成非課税貯蓄申告書」や「財形預金申込書兼印鑑票」などの紛失が判明したもの。顧客からの照会で紛失に気が付いた。

同行の説明では、これら書類について2006年9月分から本部で保管しているが、それ以前に各店舗で保管していた書類の一部が所在不明になっているとのこと。紛失した顧客情報には、すでに解約済みの3610人分含む顧客7317人分の氏名、住所、生年月日、勤務先、口座番号、非課税申告額、財形預金積立金額などが含まれていた。

同行では、不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いと説明している。