都立広尾病院 – 患者情報をUSBメモリに無断コピーし紛失

都立広尾病院が、非常勤研修医が患者情報やCT画像などを私物USBメモリに無断コピーそ、USBメモリを紛失していたことを発表した。

東京都病院経営本部の発表によると、同研修医が5月30日の朝に出勤し、鞄からメモリを取り出そうとしたところ、紛失していることに気が付いたもの。自宅を出る際にUSBメモリを鞄に入れ、自転車で病院へ出勤しており、その間に紛失したと思われるとのこと。

所在不明となっているUSBメモリは研修医の私物で、病院の許可を得ずコピーしたもので、患者2人の氏名、年齢、性別、検査画像などが保存されていた。