茅ヶ崎市 – 案内メール誤送信でボランティアのアドレス流出

神奈川県茅ヶ崎市は、応急手当普及協会の会員59人に案内メールを送信した際に、操作ミスによりメールアドレスが流出したことを発表した。

同市の説明によると、5月15日16時37分に、同協会に所属するボランティア指導員に送信した救命講習会の参加募集メールを、携帯電話のメールアドレス31件と、パソコンのメールアドレス34件に対し、2回に分けてメールを送信したが、宛先へメールアドレスを記載した形式のため、受信者間でメールアドレスが流出したもの。

メールを受信した会員からの指摘で問題が判明した。