ターゲットメディア – マーケティング情報サイトに不正アクセス、会員情報漏洩の可能性

ターゲットメディアは、同社が運営するサイトのデータベースサーバが不正アクセスを受け、個人情報が流出した可能性があることを発表した。

同社によれば、6月2日に外部より不正アクセスを受けたもので、翌3日に痕跡を発見し、被害に気が付いた。データベースサーバの脆弱性が狙われ、外部のサーバ経由で直接データベースサーバに不正アクセスを受けたもの。

同社は、マーケティング情報サイトである「マーケメディア」のほか、マーケティング会社比較サイトなどを提供している。またダイヤモンド社と「ダイヤモンドオンライン+MARKETING」、日経BP社と「売れる仕組みに役立つ資料まとめ」といったサイトを共同で運営している。

今回の不正アクセスにより、登録会員の「会社名」「部署名」「役職名」「氏名」「メールアドレス」「電話番号」「住所」「会員専用パスワード」などが外部へ流出したおそれがあり、同社は情報漏洩の範囲など詳細について調査を進めている。