東邦大医療センター佐倉病院 – 患者情報348人分紛失

東邦大医療センター佐倉病院(千葉県佐倉市)は、患者の個人情報348人分が入ったパソコンなどを5月下旬に紛失したととを発表した。

同病院の説明では、同病院の医師が海外出張中、患者の個人情報が入ったパソコンとUSBメモリ、外付けハードディスクを盗まれた。パソコンについては、起動時にパスワードを入力する設定がなされていたが、USBメモリと外付けハードディスクは、パスワード等のセキュリティ設定は行われていなかったとのこと。

パソコンなどには、患者348人のIDや氏名、生年月日、CT画像(コンピューター断層撮影)などの個人情報が記録されていた。