JAみい- 顧客情報記載書類を車の上に置いたまま発進、紛失

福岡県のみい農業協同組合は、顧客情報を含む領収書綴りを、職員が車の屋根に乗せたまま発進し、そのまま紛失したことを公表した。

同組合によれば、2013年11月20日、職員が領収書を入れた鞄を車の上に置いた状態で、備蓄タンクから灯油配達用の車両に灯油を充填。そのまま配達に出発し、紛失したという。その後配達ルートを捜索したが見つけられず、警察へ紛失届を提出。捜索を続けていたが、発見できなかった。

紛失した領収書綴りには、同組合に灯油を注文した39人の氏名、住所、電話番号が記載されていた。