京都産業大学付属高校- 生徒の個人情報含むUSBメモリを駅トイレで置き忘れ

京都産業大学付属高校は、同校の教諭が、生徒および卒業生の成績情報を記録したUSBメモリを紛失したことを発表した。

2013年12月27日、JR京都駅嵯峨野線ホーム脇の個室トイレ内に鞄を置き忘れ、そのなかからUSBメモリを持ち去られたと説明している。USBメモリには、生徒および卒業生602人分の世界史の成績情報が保存されていた。