ゆうちょ銀行- 顧客情報を流出

ゆうちょ銀行は、顧客情報を流出したことを発表した。

同行の説明によると、東京貯金事務センターにおいて、2018年11月7日、8日に、都内の同行直営店および郵便局において扱った「振替払出書」および「振替払出証書」あわせて約5000件を紛失したもの。
「振替払出書」、「振替払出証書」には、顧客の氏名、住所、電話番号、記号番号、金額、印影などの個人情報が記載されていた。

不要書類と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと説明している。