ホビー商品の販売・買取のジャングル- 顧客のカード情報を流出

フィギュアやゲームなどホビー商品の販売、買い取りなどをするジャングルは、顧客のクレジットカード情報が流出したことを発表した。

 同社の説明によると、顧客情報を保存していたサーバが不正アクセスを受け、同社通販でクレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報が流出したもの。
流出したクレジットカード情報には、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれていた。

流出した時期や、件数は調査で特定にされていないがクレジットカード会社と共に確認したところ、2017年5月2日~2018年11月6日にかけてクレジットカード決済で利用された2507件と特定した。

同社では、サーバ内にクレジットカード情報を保存していない認識だったが、委託先からの報告でサーバ内にクレジットカード情報と見られる情報が保存されていたことが判明し、情報流出につながる脆弱性も存在していたことが明らかになった。