市立南桑中学校- 生徒の個人情報を流出

京都府亀岡市教育委員会は、市立南桑中学校において、生徒の個人情報が流出したことを発表した。

同委員会の説明によると、市立南桑中学の修学旅行を引率した教諭が3年生92人分の個人情報が入ったクリアケースを紛失したもの。
クリアケース内には、生徒の名前、緊急連絡先、アレルギーなどの情報が書き込まれた書類が入っていた。
同校の修学旅行は東京都内を中心に行われていたが、JRで移動中に紛失したとみられている。