府立布施工科高等学校- 生徒の個人情報が流出

大阪府は、同府立布施工科高等学校にて生徒の個人情報を流出したことを発表した。

同府の説明によると、府立布施工科高等学校において、個人情報が記録されたUSBメモリと、個人情報が記載された書類を紛失したもの。

同校の教員が同USBメモリと同書類を無許可で持ち出し、深夜 大阪市内のコインパーキングに車内に同USBメモリや同書類を残したまま車を離れ、車上荒らしに遭ったもの。
同USBメモリには、 同教員が担任をしていた生徒に関する生徒氏名、保護者氏名、郵便番号、住所、電話番号(携帯・自宅)、出身中学校、性別、生年月日、入学者選抜の総合点及び順位、受験番号、備考(過年度入学生等の情報)及び、同校平成29年度2年生33名の生徒氏名、保護者氏名、郵便番号、住所、電話番号(携帯・自宅)など、59名 の生徒の個人情報。
及び、紛失した書類には、平成31年度1年生256名の生徒氏名、高校での部活動希望、中学時の部活動などが記載されていた。

府立学校ではUSBメモリに個人情報を保存してはいけないルールがなっていた。

 


Warning: Use of undefined constant rand - assumed 'rand' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/vuser02/0/4/0196840023/www.knowledge-s.com/news/wp-content/themes/portal/single.php on line 23