岩手県一戸町- 小学校児童の個人情報が流出

岩手県 一戸町の教育員会は、同町の小学校において児童の個人情報が流出したことを発表した。

同教育員会の説明によると、一戸町の小学校に勤務する教諭が、児童57人分の名前や成績、児童の写真などを保存したUSBメモリー2本を紛失したもの。

同教諭は、児童の成績などをとりまとめる立場にあったが、自宅で資料をまとめるために、学校長の許可を得ず個人の持ち物であるUSBメモリにデータを入れ自宅に持ち帰ったが、翌日 出勤した際USBメモリーが無くなっていることに気付いた。