兵庫医科大病院- 患者の個人情報含むPCが盗難被害

兵庫医科大学は、同大学病院の医師が車上荒らしに遭い、患者の個人情報を保存したノートパソコンが盗まれたことを発表した。

同大学によれば、1月15日13時30分ごろ、同大学の駐車場管理者から連絡があり判明した。駐車していた医師の自家用車の窓ガラスが割られ、私物のパソコンと白衣が入った袋が持ち去られていた。

被害に遭った端末には、英語で書かれた患者の紹介状の下書き4件と、日本語で書かれた紹介状の下書き3件、院内報告書の下書き4件が保存されていた。患者の氏名、病名、経過報告などの情報が含まれていた。