ドラッグイレブン- 不正アクセスで顧客情報が流出か

ドラッグストア「ドラッグイレブン」は、同社の通信販売サイトにおいて不正アクセスを受け、個人情報が流出した可能性があることを発表した。

 同サイトを運営するJR九州ドラッグイレブンの説明によると、同サイトが不正アクセスを受け、クレジットカード情報を窃取する不正なプログラムも設置されたもの。
流出した可能性があるのは、メールマガジンの会員情報3万2799件、通信販売サイトの顧客情報1447件などで、最大で3万4246件の顧客の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報が流出した可能性がある。
さらに、2016年4月12日から2018年11月8日にかけて、同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード情報458件に関しても、クレジットカードの名義、カード番号、有効期限、セキュリティコードが流出した可能性がある。