医薬品医療機器総合機構- 企業担当者の個人情報を流出

医薬品医療機器総合機構は、新医薬品の安全性定期報告を紛失し、企業担当者の個人情報が流出したことを発表した。

同機構の説明によると、企業から提出された新薬の安全性定期報告1冊を紛失したもの。報告書には、企業の担当者数名の氏名、役職名が記載されていた。

安全性定期報告書は、同機構の審査業務部で受け付け、再審査を担当する部署へ配布され、その後再び審査業務部の執務室が保管されるルールとなっていた。
執務室は、職員専用のIDカードがなければ入室できない。