横浜市- 登録団体の個人情報を流出

横浜市は、なか区民活動センターに登録している団体担当者の個人情報を流出したことを発表した。

同市の説明によると、なか区民活動センターに登録している団体の連絡担当者に対し、団体登録更新手続きの再確認メールを送信した際、149名の受信者間でメールアドレスが見える形で誤送信したもの。
担当者のミスによる誤送信とのこと。