大丸松坂屋百貨店- 顧客情報が流出

大丸松坂屋百貨店は、顧客情報含む資料を流出したことを発表した。


同社の説明によると、大丸大阪心斎橋店の営業担当者が、車で移動中に訪問先の顧客情報が記載された書類を紛失したもの。

紛失した書類は、顧客の引継書、記入済みアンケート、お得意様ゴールドカード口座開設審査書のコピー、お得意様ゴールドカード入会申込書のコピーなど39人分。
これらの書類は,持ち出しが禁止されており、顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日、年収、勤務先、役職、世帯人数、家族カードの申し込みを希望者 家族の氏名、生年月日などの個人情報が含まれていた。

営業担当者が書類を車両の上に置き忘れ、そのまま発進したため書類を紛失したもの。通行人が書類を発見し、同社に連絡したことで事故が発覚した。

39人分の書類のうち、27人分については回収済だが、残り12人のうち5人分についいては未回収で、7人分についても一部が未回収とのこと。