日本科学技術連盟- メールマガジン登録者の個人情報を流出

QC事業、ISO審査機関などをおこなう、日本科学技術連盟は、メールマガジン登録者の個人情報を流出したことを発表した。

同連盟の説明にると、4月2日に大阪事務所よりメール送信した、「【大阪開催】2018 2018 年度 月例講演会」において、送信先を誤って宛先に設定しメールアドレス1077件が受信者間で見える状態で送信したもの。

職員の人為的な誤送信により事故が発生した。