前橋市立小中学校- 全児童生徒、保護者の個人情報・口座情報などが流出か

前橋市教育委員会は、教育委員会のサーバーが不正アクセスを受け、2017年11月時点で市立小・中・特別支援学校に在籍していた全児童生徒の個人情報、給食費徴収のための口座情報が流出した可能性が高いことを発表した。

同教育委員会の説明によると、前橋市教育委員会ネットワークが不正アクセスを受け、2017年11月時点で市立小・中・特別支援学校に在籍していた全児童生徒2万5725人の氏名、性別、住所、電話番号、学年、組、出席番号、生年月日、国籍、保護者氏名、アレルギー、既往症など及び、2017年2月~7月の間 前橋市公立学校・園で給食を食べた園児・児童生徒・教職員の給食費徴収のための口座情報(銀行名・支店名・口座番号・名義人氏名など)1万9932が流出したもの。

不正アクセスは公開用サーバーを通じ、サイバー攻撃を防ぐファイアウオールを突破し、個人情報が保存された非公開の教職員向けの校務用サーバーに到達したものとみられる。

同サーバーのセキュリティーシステムは、4年も更新されていなかった。