府立西淀川支援学校- 保護者のメールアドレスが流出

大阪府は、府立西淀川支援学校において、生徒の保護者のメールアドレスが流出したことを発表した。

同府の説明によると、府立西淀川支援学校が生徒の保護者76人に送信した緊急連絡メールにおいて、送信先を「CC」に誤って設定しメール送信したため、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となったもの。