大阪工業大学- 学生の個人情報を流出

大阪工業大学は、学生の個人情報を流出したことを発表した。

同大の説明によると、同大教員が個人所有する学生の個人情報が入ったUSBメモリを紛失したもの。
紛失したUSBメモリには、2016年度~2017年度に同教員が担当した授業の履修者1070人の氏名、学生番号、出欠情報のほか、一部科目の成績評価などが保存されていた。
成績のみパスワード設定がされていた。

1月23日に教員が出勤した際、紛失に気付いた。