長崎県東彼杵町- DV被害者の住所を漏洩

長崎県東彼杵町は、ドメスティックバイオレンス(DV)被害者の住所を、外部へ漏洩したことを発表した。

同町の説明によると、「ドメスティックバイオレンス」(配偶者や恋人による暴力)の被害を受け加害者に居場所を知られないように、個人情報の閲覧制限措置を申し出ていた被害者の住所を外部へ漏洩していたもの。

同町では、被害者の秘密を保持するため、パソコンの画面上に2度注意喚起が表示される仕組みとなっていたが、注意喚起を無視して同町職員が情報を問い合わせ電話があった相手に漏洩した。
翌日、問合せ先の自治体に確認したところ、該当の問合せ者はおらず、なりすましであったことがわかった。