佐賀東部水道企業団- 顧客の個人情報の流出と、不正利用による処分

佐賀東部水道企業団は、顧客の個人情報が流出したこと、不正利用した職員に対する処分を発表した。

同団体の説明によると、三養基営業所の職員が、、職務上入手した個人情報を使い、飲食店勤務の女性に対し個人的な連絡を取ったもの。
同企業団は、同職員に対して停職4カ月の懲戒処分と、指導監督が不十分だったとして、担当所長を戒告、担当所長補佐兼係長を文書訓告とした。また同団体企業長についても給与の減額措置を実施する。

連絡を受けた女性から、同団体に問合せがあり事件が発覚した。