滋賀県立大学- 学生や関係者の個人情報が流出

滋賀県立大学は、学生や関係者の個人情報が流出したことを発表した。

同大の説明によkると、同大 教員が私的に利用しているメールアカウントが海外から不正アクセスを受け、学内からの転送されたメール430件が流出したもの。
流出したメールには、学生106人の氏名、学籍番号、メールアドレス、成績情報、進路先のほか、教職員23人のメールアドレス、職員番号、所属、学外関係者39人の住所、メールアドレスなどの個人情報が含まれていた。

同メールアカウントは、大学の許可を得たうえで学内のメールが転送される設定となっていた。