神奈川県- 水道利用者の個人情報を流出

神奈川県は、水道利用者の個人情報などを流出したことを発表した。

同県の説明によると、委託先の従業員が伊勢原市内で水道の量水器点検中に「上下水道使用量のお知らせ」12枚を紛失したもの。紛失したお知らせには、水道利用者12人の氏名、水道料金、顧客番号などが記載されていた。