青梅市総合病院- 手術患者の個人情報などを流出

青梅市総合病院は、患者の個人情報を流出したことを発表した。

同院の説明によると、同院の職員が2014年1月~2017年12月までに診療局心臓血管外科で手術を受けた患者333人の氏名などの個人情報が保存されたUSBメモリを自宅へ持ち帰り後紛失したもの。
同職員が帰宅後、当該USBメモリの紛失に気付いた。