日本スポーツ振興センター- イベント参加者の個人情報を流出

日本スポーツ振興センターは、イベント参加者の個人情報を流出したことを発表した。

同センターの説明によると、「ハイパフォーマンススポーツ・カンファレンス 2017」の参加者340人に対しメール送信した際、メールアドレス340件を宛先に記載したため、受信者間でメールアドレスが流出したもの。