大阪市- 市立小学校4校の児童 個人情報が流出

大阪市は、市立小学校4校の児童の個人情報が流出したことを発表した。

同市の説明によると、市立小学校の教員が私物のポータブルハードディスクに市立小学校4校の児童の個人情報を保存して持ち出したが、飲食後の帰宅途中に転倒して意識を失い、意識が回復するまでの2時間ほどの間に、ハードディスクが入った鞄ごと持ち去られた。

紛失したハードディスクには、同教員が勤務する小学校および過去に勤務していた小学校、あわせて4校の児童434人の氏名、住所、校外活動写真700件以上が保存されていた。

同市教育委員会では、個人情報の外部持ち出しを禁止していたが、ルールが守られていなかった。