横浜市- 個人情報含む「家屋調査表」が所在不明に

横浜市は、横浜市港南区において、固定資産税課税のために作成した「家屋調査表」35件が所在不明になっていることを発表した。

同市において、1月21日に家屋調査表を業務で使用する際、28件が所在不明となっていることが判明したもので、さらに調査を行ったところ、それ以外に7件の家屋調査表についても見当たらないことがわかった。

同調査表は、家屋の固定資産税課税のために作成した内部資料で、家屋の所在のほか、所有者の氏名や住所、間取りなどが記載されている。