鳥取銀行- 顧客の個人情報を流出

鳥取銀行は、顧客の個人情報が流出したことを発表した。

同行の説明によると、三柳支店において、支払や入金時の伝票や納付依頼書、小切手など綴った伝票綴り2冊を紛失したもの。8月の定期点検で紛失に気付いた。
紛失した伝票は、2016年10月27日と同年11月1日分の 支払や入金時の伝票、納付依頼書、小切手など綴った伝票綴りで、伝票には 顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号、取引金額、印影などが記載されている。
流出した、個人情報の件数については、発表されていない。

同行では、不要書類とともに誤廃棄した可能性が高いと説明している。