佛教大学- 教員免許状更新講習 受講申込者の個人情報を流出

佛教大学は、教員免許状更新講習 受講申込者の個人情報が流出したことを発表した。

同大の説明によると、9月20日 教員免許状更新講習の受講申込者に送信した受講手続きに関する連絡メール502件において、メールの誤送信をおこなったもの。
メールアドレスを誤って「CC」に設定したため、受信者間でメールアドレスと一部申込者の氏名が閲覧できる状態となっていた。