四国スバル- メール不正アクセスで、顧客の個人情報など流出

四国スバルは、メールアカウントが不正アクセスを受け、顧客の個人情報が流出したことを発表した。

同社の説明によると、9月10日から翌11日にかけて、Webメールにおいて 従業員1人のメールアカウントが不正アクセスを受けた可能性があるもの。

対象となるメールアカウントには、スーツを購入した顧客128人および同社従業員24人の氏名、購入店舗、購入商品、購入金額のほか、取引先従業員24人の氏名、会社の住所と電話番号、メールアドレスなど合計176件の個人情報を含むメールが保存されており、送受信メールの内容が外部から閲覧または画面コピーされた可能性がある。