広島市民病院- 患者情報が流出

広島市立広島市民病院は、患者の個人情報を流出したことを発表した。

同院の説明によると、4月1日から6月30日までの間、同院を受診した患者292人分の個人情報が保存されたUSBメモリを紛失したもの。
USBメモリには、患者292人分の氏名、年齢、性別、受診科、患者番号、診療年月日、請求金額などの個人情報が含まれていた。

8月8日に事務員が事務室でUSBメモリを使用したが、その後回収し忘れ紛失したと説明している。