長野県- 公文書の誤交付で個人情報が流出

長野県は、個人情報を含む公文書を誤って交付し個人情報が流出したことを発表した。

同県の説明によると、9月20日 佐久合同庁舎に佐久市職員を名乗る人物が現れ、同市宛てに送付する予定だった公文書を受け取っていたもの。
文書が置かれていた棚は、誰でも確認でき、手に取ることができる状態だった。

同公文書は、特別児童扶養手当受給資格者名簿など、16世帯分の氏名、住所、電話番号、口座情報、児童の障害の程度、所得状況などが記載されていた。

庁舎で対応した警備員が、職員であることを口頭で確認しただけで、公文書の受け取りを許可していた。

翌21日にも同じ人物が再度庁舎に現れ、公文書受け取りの申し出があったが、確認簿への署名を求めたところ受け取らなかったため、不審に思い調査したところ、公文書が佐久市へ届いていないことがわかった。

翌々22日にも、同じ人物が庁舎を訪れ、職員を名乗って公文書を受け取ろうとしたため、職員が警察へ通報、身柄が確保された。所持品の検査で持ち去られた文書が発見され、同日に回収されたが、一部文書については、発見されなかった。